初心者はマイクロ口座で取引の仕組みに慣れていこう

海外FXを初めて利用するトレーダーのビギナーたちから注目を集めているのがXM(XMtrading)だ。XMでトレードを考えているのであれば、いますぐ口座開設をして取引を始めるべきだが、口座開設をするまえに、XMの口座の特徴を知っておく必要があるだろう。

口座開設のまえに三種類の口座があるということを知ろう

XMの口座には、マイクロ口座、スタンダード口座、ゼロ口座の三つの口座タイプがある。この三つの口座タイプの特徴をおさえておけば、初心者でも取引を有利な状態に持っていくことができるだろう。

まず、XM初心者であるならば、いきなりスタンダード口座、ゼロ口座などで口座開設するのではなく、マイクロ口座の開設をオススメする。

取引上限500万通貨、ロイヤリティプログラム実装のスタンダード口座や、スプレッドが狭くなるゼロ口座などは、初心者の眼には魅了的にうつるかもしれないが、これらの口座はあくまでXMの中級者以上、上級者向けの口座だ。

XMという海外FX業者は、XM特有のトレーディングの方法に慣れていないと痛手をこうむることになる。そこで、マイクロ口座開設というわけである。

デモ取引にはない実際の取引を肌感覚で掴むことができる

マイクロ口座における取引は、デモ取引以上、本格的な実戦未満というちょうどいい位置にある。そのため、マイクロ口座を開設すれば、デモではない実際の取引のなかで、XMという海外FXの特徴を掴むことができる。

マイクロ口座は1ロットが1000通貨という制限はあるものの、それがデモではなくしっかりと実際の取引であるということが重要だ。
XMの中級者以上のトレーダーは、みなマイクロ口座開設からトレーダーとしてのキャリアを開始している。まずは焦らずゆっくりと取引の練習に励もう。

その他、XMのゼロ口座について解説している海外FX利用者向け総合情報サイトFX WorldでXMの始め方から稼ぎ方まで完全網羅しているので一度目を通しておくと良いかもしれません。