目の下の三種の厄介者は化粧品で対抗できるものではない

目の下のクマは、大きく三つにわけることができます。それは「青クマ」「黒クマ」「茶クマ」です。
目の下のクマの対策は、このクマごとの違いによって変えていかなければなりません。たとえば、「青クマ」ができているというのに「黒クマ」や「茶クマ」の対策をするならば、それは本末転倒というものです。

それぞれのクマは、できる原因も違っていれば、その症状も違います。ひとくちに「クマ」とくくることができないのは難しい限りですが、この些細な違いをしっかりと峻別していく必要があるでしょう。

クマごとに見えてくるクマに対する美容液の無能さ

まず青クマですが、これは疲労や睡眠不足が原因で起こるクマです。血行不良が皮膚を通して瞼のしたを青黒く変色させるわけですね。
解決方法はよく寝ること、疲れをとること、全身の血行をよくすることで、青クマを何かしら美容液などで解決しようとするのはあまり好ましくありません。
続いて黒クマ。これは、一言でいうと、残酷ですが老化です。加齢によって皮膚がたるんだりシワができた結果として黒クマができます。
加齢によって生じた黒クマの対策は「老けないこと」以外にありません。これは自然の摂理でもあるので、粛々と自分の加齢を受け入れるのがベストでしょう。黒クマもまた、美容液などで解決するクマではありません。

クマを隠蔽するということと原因を取り除くことは違う

最後に茶クマですが、これは色素の沈着です。これはメイクや洗顔が原因ですから、単純な話、メイクや洗顔をしなければ、よほどのことがない限り茶クマはできません。原因が原因である以上、美容液などは茶クマのまえでは無力というか、逆効果です。
どのクマに関しても、美容液や化粧品などは有効な解決手段にはなりえません。クマを「隠蔽」することはできますが、それは、隠すだけであって、根本的な原因を取り除くことではないのです。
https://pursuit-of-beauty.com/